日本盛ロゴ

メニュー

お知らせ・最新情報

2019年05月10日
リリース

日本酒好き1,000人が選んだ日本酒カクテル総選挙


日本盛株式会社(代表取締役社長:森本 直樹、 本社:兵庫県西宮市) は、5月13日のカクテルの日にあわせ、日本酒好き1,107名に、15種類の「日本酒カクテル」に関するアンケート調査を実施いたしました。その結果、「今もっとも飲んでみたい日本酒カクテル」は、「かちわり生原酒(日本酒ロック)」が1位となりました。その他「父の日」に飲みたい日本酒カクテルや、写真映えする日本酒カクテルなど、複数部門での調査結果を発表いたします。

5月13日は「カクテルの日」。カクテルといえば、ジンやウォッカ、リキュールなど洋酒ベースのカクテルをイメージしやすいかもしれませんが、実は日本酒をベースにした日本酒カクテルも多数存在しています。日本酒は、他のお酒や素材と混ぜないもの、といったイメージを持つ方もいると思いますが、氷を入れたり他のドリンクと混ぜたり楽しみ方は無限に存在します。そこで日本盛では、日本酒をもっと自由に楽しむために日本酒カクテルのことを知っていただくきっかけとなるべく、「カクテルの日」に合わせ実施した「日本酒カクテル 総選挙」の結果を発表いたします。

15種の「日本酒カクテル」を対象に調査!

今回、対象としたのは15種の日本酒カクテル。スーパーマーケット等で手軽に購入できる材料で、簡単に作ることができる定番のラインナップです。各カクテルの完成画像と使用したレシピを一緒に見てもらいながら 回 答 い た だ き ま し た 。 ( レ シ ピ ・ 一 覧 は 別 紙 参 考 資 料 )

今、もっとも飲みたい日本酒カクテル・・・「かちわり生原酒(日本酒ロック)」!

15種の日本酒カクテルについて、日本酒好き1,107名に対して人気調査を実施。「今、もっとも飲みたい日本酒カクテル」を伺うと、「かちわり生原酒(日本酒ロック)」が1位となりました。かちわり氷で割る、シンプルかつ王道の飲み方です。日本酒にそのまま氷を入れると薄くなってしまいやすいので、度数が高く濃厚な味わいが特徴の「生原酒」を用いた飲み方がおすすめです。2位には「サムライロック」がランクイン。ライム果汁をアクセントにくわえたこちらもシンプルに、日本酒の味を楽しめる飲み方です。 3位は「緑茶割り」となりました。


また、「父の日に父親に飲んでもらいたい日本酒カクテル」を伺うとトップ3も同様に、「かちわり生原酒(日本酒ロック)」「サムライロック」「緑茶割り」となりました。4位・5位には、トニックウォーターとレモンを加えた「サキ・トニック」、ジンジャーエールとレモンを加えた「サキ・ハイボール」が入り、甘さをおさえた日本酒カクテルがランクインしました。

フォトジェニックな日本酒カクテル・・・「サムライロック」!
他にもカラーが映える日本酒カクテルがランクイン!

「写真映えする日本酒カクテル」を伺うと、1位は「サムライロック」となりました。シンプルかつライムのアクセントがフォトジェニックな効果を生んでいるようです。2位は「サキ・ハイボール」となり、色味とレモンの効果が強かったと考えられます。4位・5位には「サキ・カシストニック」「サキ・モヒート」といった色味のきれいな日本酒カクテルもランクインしました。


インバウンド向け日本酒カクテル・・・「サムライロック」!2位は「緑茶割り」!

「海外受けしそうな日本酒カクテル」を伺うと、1位は「サムライロック」となりました。日本酒の味を楽しみやすいシンプルさに加え、「サムライ」というネーミングが響いたと考えられます。また、2位は日本らしい素材を活かした「緑茶割り」となりました。4位はコーラを加えた「サキ・コーク」でした。


今後「日本酒カクテル」飲みたい・・・70.4%

最後に、「日本酒カクテル」を今後飲みたいかを伺うと、「思う」「やや思う」が7割となり、日本酒好きの方の多くは「日本酒カクテル」へ好意的な反応を示す結果となりました。
もちろんそのまま飲んでもおいしい日本酒ですが、その時のシー
ンや気分、状況によって氷を入れても、ソフトドリンクで割っても、おいしくいただけます。特にこれからの季節、気温・湿度も高く
なってくるので、氷を入れてすっきり召し上がってみてはいかがでしょうか。

日本酒好きに関する参考調査 ~頻度・飲み方~

「日本酒カクテル」の人気調査以外にも、普段の日本酒を飲む頻度や飲み方についても回答いただきました。
頻度は月に2~3回程度飲むが20.1%でもっとも多く、約半数の方はそれ以上飲んでいる結果となりました。ほぼ毎日飲む、という方は8.5%となりました。
飲み方について伺うと、日本酒の代表的な飲み方である「冷酒」「冷や(常温)」「燗酒」に次いで「ロック(34%)」が4位にランクイン。氷をいれて飲まない理由として、日本酒には氷が入らないもの、といった固定概念が垣間見えますが、固定概念の払拭次第で潜在的な需要が期待できそうな結果となりました。

<調査概要>
調査名:「日本酒カクテル総選挙 2019」
対象 :日本酒好き 1,107名
期間 :2019年3月22日~28日
方法 :インターネット調査(日本酒カクテルの名称・画像・レシピを見てもらい回答)

「かちわり生原酒」とは

「生原酒」をロックで飲む日本酒の飲み方です。
濃厚な味わいを持つ「生原酒」は、火入れ(加熱殺菌)も割水(アルコール度数を整えるための希釈)もしていない、鮮度あふれるフレッシュな香りと濃厚な味わいの日本酒ですのでオンザロックに最適です。そして溶けにくい「かちわり氷」を使用することで氷を揺らしながら、少しずつ変わる味の変化を愉しめます。氷が溶け適度にアルコール度数が下がることで、口当たりがまろやかで飲みやすくなるため、日本酒に飲みなれていない方にもおすすめです。
サイトURL:http://www.nihonsakari.co.jp/kachiwari

「かちわり生原酒」阪神甲子園球場での販売開始阪神甲子園球場でも4月30日(火)より、
蔵元直送生原酒サーバーを背負い、
専用の容器に入れて提供しています。

参考資料:日本酒カクテル・レシピ一覧


topへ