日本盛ロゴ

メニュー

お知らせ・最新情報

平成30年10月27日
リリース

「日本盛 大吟醸」「日本盛 風雅」が「地理的表示(GI)灘五郷」に認定

日本盛株式会社(兵庫県西宮市 取締役社長森本直樹)は、2018年10月26日に行われた
第1回目の「地理的表示(GI)灘五郷」確認審査で「日本盛 大吟醸」と「日本盛 風雅」が「地理的表示(GI)灘五郷」認定されました。

■認定商品について
「日本盛 大吟醸720ml」


原材料名   米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール
精米歩合   50%
アルコール分 16~17度未満
日本酒度   +5.0度
酸度     1.2
アミノ酸度  1.0
商品情報:http://www.nihonsakari.co.jp/daiginjo/lineup.html


「日本盛 風雅720ml」(空港免税店及び海外専用商品)


原材料名   米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合   40%
アルコール分 16~17度未満
日本酒度   -2.0度
酸度     1.3
アミノ酸度  1.3


■ロゴマークについて
今回の第1回確認審査では、7社9種類の商品を認定するとともにロゴマークも決定いたしました。今後は認定された商品のみに表示して販売することが可能です。





■今後のスケジュールについて
今後、上記商品について「GI灘五郷」のロゴマークを表示した商品を出荷する予定です。

■地理的表示(GI)灘五郷について
灘五郷酒造共同組は、2018年6月28日に国税庁より「味わいの要素の調和がとれており、後味の切れの良さをもつ」日本酒を生産する灘五郷について「地理的表示(GI)灘五郷」の指定を受けました。「灘五郷」は、<西郷><御影郷><魚崎郷><西宮郷><今津郷>の5地域の総称で、兵庫県神戸市灘区から西宮市に位置しています。寒造りに適した六甲山から吹き降りる六甲おろしや、酒造りに最適な宮水、良質な播州米、水車精米による高品質な白米、船積みの便など数多くの自然風土に恵まれ、丹波杜氏の高度な酒造技術により、江戸時代から酒造りが盛んになりました。

「地理的表示(GI)灘五郷」の基準となる原料及び製法は以下の通りです。
[原料]
・米及び米こうじは国産内米(農産物検査法(昭和26年法律第144号)により3等以上に格付けされたものに限る)であること。
・灘五郷内で採水した水のみを使用していること。
・清酒原料のうち、アルコール(原料中、アルコールの重量が米(こうじ米を含む)の重量の100分の25を超えない量で用いる場合に限る)以外は用いることができないものとする。
[製法]
・灘五郷内で醸造、貯蔵及び容器詰めが行われていること。

topへ